操業は大正2年(1913)日高地方の産業革命のさ
きがけとなった。
今は、200mのレンガ塀が残るのみ。