江戸時代に建てられたつし2階、平入(ひらいり)の建物。左
に玄関・土間があり、座敷側の窓には格子が全面を覆い、軒下
の塗り壁、正面左右に設けられた袖壁(そでかべ)とともに落
ち着いた町並みを見せてくれる。
川瀬家は大正・昭和にかけて林業で財を成した旧家である。

松の装飾を施した袖壁(そでかべ)のある
川瀬家