「喧嘩見ようなら土生祭」と荒っぽさを誇る勇壮な祭で、現在10月第1土曜宵宮・日曜本祭・翌日傘破の行事を行っています。 宵宮には7年に1度、お頭当番が美浜町の大浜へ行き、汐かけを行います。本祭のお旅所では踊獅子をはじめ、各組の奴踊や獅 子舞を奉納し、神社へ遷御して、宮入り後、再び境内で踊や獅子舞を奉納します。
ここの祭で見落としてならないのは、踊獅子と称する獅子舞です。2人の鬼の持つ矛とささらの発する気配のみで踊りを演じる 最も古い形の獅子神楽で、郡内に於いては小中・和田など8ヵ所に残り、それぞれ鬼獅子・当屋獅子・箱獅子などとよばれてい るが、土生八幡の獅子は双頭4人立であることが非常に珍しく、毎年各組交代の頭屋組が奉納します。
土生祭
喧嘩見ようなら土生祭
10月第1土・日曜日(土生八幡神社)
HOME 観光・体験   商店街 イベント 祭り 寺内町 宮子姫 熊野古道 御坊市写真館
リンク集 WEB管理:御坊商工会議所