この祭は「重陽会」で、もとは旧暦の9月9日に行われていましたが現在第3土曜宵宮、日曜本祭、翌日傘破の順序によって営 まれ、北塩屋・天田・猪野々・湊が幟を持って参加します。この塩屋祭は「美人まつり」と称して小学校女児が巫女神楽(越天 楽)を奉納しています。宵宮の早朝、北塩屋の氏子は浜で汐を汲み海藻を拾って家を清めます。本祭は、午前中に各組の宮入り が行われ、3地区の屋台と北塩屋の四ツ太鼓が参加する。神前式では巫女神楽があり、各組獅子の「お立ちの舞」が奉納されま す。本社の神事が終わると「重陽会」の大幟を先頭に、四神旗・矛などの神具・神輿・屋台・四ツ太鼓の順で、北浜のお旅所へ 渡御し、神事と巫女神楽、昼過ぎに3組の獅子による大神楽を舞います。
塩屋祭「美人まつり」
10月第3土・日曜日(塩屋王子神社)
HOME 観光・体験   商店街 イベント 祭り 寺内町 宮子姫 熊野古道 御坊市写真館
リンク集 WEB管理:御坊商工会議所